A Threatening Sky...
アーケードゲーム「クイズマジックアカデミー」であったいろんなことを書き記します。 時々自作短文も。801要素注意、女性向け。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

束縛(フランシス×カイル)
もし、相手が自分を好きになるような

そんな魔法があったら・・・・・


私は一人だけに、使いたいと思う。




「先生、これで全部ですよね?」
夕焼けが教室の色をオレンジに染め上げる頃。
成績優秀な生徒、カイルに次回の授業で必要とするプリントを運んでもらったばかりだ。
「あぁ・・・ところで」
「はい?」
話を切り出すと、いつものように少し首を傾げて聞いてくる。
「最近新しい魔法陣を発見したんだ、それには協力がいるのだが・・・
カイル、そこの魔法陣の真ん中に立ってくれないか?」
「?・・・こう、ですか?」
カイルが魔法陣の中心で両足を揃えたその瞬間、
魔法陣は眩い白い光を放ち、カイルの姿を外観から消した。
フランシスはその様子をただ見つめ、やがて光が止んだ。
蝶がひらひらと、目の前に跪いたカイルの周りを一周する。
両手で顔を覆い、肩を丸めて蹲っていたカイルは、やがて羽を広げるように自分の掌を見た。
そして、視線を上に上げ、悠然と佇むフランシスの顔を見る。
「・・・せんせい?」
禁忌の魔法、古来封印された、想い人を振り向かせる魔術。
この先私の身になにが起こるかわからない。
それでもいい、この先共に歩いてくれる人が、目の前にいるのだから。
私を見上げるカイルの潤んだ目が、現実を見せてくれる。
カイルはこの先、ずっと私のものだ。
独占欲に駆られ、カイルに向かいゆっくりと歩を進める。
俯いたカイルはどのような表情をしているのだろう、そんな思いがフランシスを動かしていた。
すると、足元がにわかに光りだす。見下ろせば、気付かなかった魔法陣。
握り締められたカイルの手には、魔法陣と同じ色のチョーク。
バランスが崩れたフランシスはその場に倒れこむ、同時に魔法陣が光と共に消えていく。
「先生。」
妙に接近したカイルに、胸の高鳴りが押さえられない。
先ほどの魔法陣、見覚えがある。あれは・・・・・
「・・・僕が、先生の考えていることが分からないとでも・・・?
・・・一応、図書室の本という本は全部読みつくしたんです・・・・・」
そうだ、先程自分がカイルにかけたものと同じ魔法陣。
と、いうことは・・・つまり、自分は・・・・・
「先生・・・」
カイルが、腰を抜かしたフランシスの足に絡まり、顔を寄せてくる。
「・・・・・僕が先生のものなら・・・先生は僕の・・・ですよね」
顔を真っ赤にしたカイル、ねっとりと絡みついたキスをされる。
「・・・せんせい・・・・・」



------------------------------------------------------
束縛しあう運命




パソコンで更新してんですが、「フランシス」がいつも「フランアイス」になります。
パソコン長い間触ってないと恐ろしいものががが。
PC版HPの拍手お礼品に、文を加えたものです。
スポンサーサイト

テーマ:クイズマジックアカデミー - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimiuta393.blog58.fc2.com/tb.php/7-010aef63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/11/22 06:10】

プロフィール

126

Author:126
アニゲと男子キャラが好き。アニゲで一位取れないと人生終わった気分になる。
このブログではMなマテウス@セリオス中心。
時々ぼくはらぐろ@ラスクとか。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。